産業技術連携推進会議 > 技術部会 > ライフサイエンス部会 > 医療福祉技術分科会

※おかげさまをもちまして、本シンポジウムは盛会のうちに終了致しました。御参加御協力戴いたみなさま、ありがとうございました。

第18回医療福祉技術シンポジウム会場風景

「第18回医療福祉技術シンポジウム」

第18回医療福祉技術シンポジウムの開催についてご案内申し上げます.

医療福祉技術分科会は,医療機器・福祉機器の開発に関心のある地域公設試験機関などの公的機関を中心に,様々な領域,立場の方々の御参加を得て,医療・福祉技術の実用化・技術力の向上を目的とした情報の共有と研究連携を行っております.本シンポジウムはその一環としてこれまで毎年東京都内で開催して参りましたが,今年度からは地域における医療福祉技術開発の連携促進をテーマとして,シンポジウムを各地域で開催することになりました.

今年度は仙台を開催地とし東北の活発な連携活動をご紹介いただくことで,東北の活動を全国に知っていただくだけでなく,さらなる連携促進の起爆剤となることを期待します.全国の皆様のご参加をお待ちしております.

なお本シンポジウムについては以下のフェイスブックでもご紹介しております.最新情報については,こちらをご覧下さい


開催概要

主催:
産業技術連携推進会議 医療福祉技術分科会(国研)産業技術総合研究所
日時:
2016年9月3日(土)13:30-17:00(交流会 17:30-19:00)
場所:
東北大学片平さくらホール (宮城県仙台市青葉区片平、市営バス「東北大正門前」より徒歩)
参加費:
無料 (どなたさまでも参加できます。シンポジウム終了後の交流会は実費となります)
シンポジウム参加申込方法:
8月26日までに、humanfst-sympo@aist.go.jp 宛にご連絡ください。
交流会について:
終了後に会場にて有志による交流会を企画しています.食事代の実費をいただきますが,皆様の交流の機会としてご活用いただきたく,ご参加のほど,よろしくお願い申し上げます.
関連研究会
翌日9/4から東北大学青葉山キャンパスでLIFE2016も開催されますので,併せての参加をご検討ください.医療福祉技術分科会も後援しております.
プログラム (2016年8月26日更新)(2016年9月7日資料追加)

   (ご参考) → DHuLE(外部リンク)


ご参考

ページ管理者:産業技術総合研究所 人間情報研究部門 高橋昭彦

最終更新時間:2016年09月08日 14時52分43秒